ワキガの臭いがしにくいようにせめて抑止をしておきたい

ワキガの臭いがしにくいようにせめて抑止をしておきたいと考えている人の参考にしてほしい記事です。私自身の経験も盛り込んでいますので、ワキガを抑止したいと思っているなら、読んでおいて損はないでしょう。
ワキガの臭い、それはワキガの人にとっても、周りの人にとってもとても気になりますよね。
そこで、ワキガをなるべく緩和する方法を紹介したいと思います。

ワキガの原因は、ずばり脇汗です。
しかし普通の人の脇汗からはワキガの臭いはしません。
それはワキガの人には、特殊な汗を出す穴が普通の人より多いからです。
ただし、その特殊な汗自体も、特殊な汗単体ではほとんど臭いはしません。
なぜワキガの臭いが発生するかというと、その特殊な汗を服に住み着いている細菌などが食べ、増殖するからです。
つまり、ワキガの臭いを抑えるには細菌が増えないようにすれば良いのです。
具体的な方法としてはまず、こまめに汗を拭くことです。
特に夏場などは汗をかきやすく菌が繁殖しやすくなります。
汗を小まめに拭くことで、一気に菌が増殖するのを防ぎ、ワキガの臭いをなるべく出ないように努めることが大切です。
次に、風邪通しの良い服を着ることです。ワキガの臭いが気になるからと言って、暑い時にも何枚も重ね着するのは逆効果です。
厚着をしていると脇の湿度が高くなり、汗も出やすくなります。
そして、菌もより多く繁殖して、臭いも放出せずにずっと脇に残り続けます。
冬は厳しいですが、春夏秋はなるべく風通しの良い服を着るように心がけましょう。
また、ワキガの人が意外とやってしまうのが、脇をぎゅっと締めることです。
ワキガの臭いがしないように閉じ込めたい気持ちは分かりますが、それも逆効果です。
脇の通気性が悪くなり、余計に臭いが悪化してしまいます。
ワキガの人は、なるべく脇汗をかかないように心がけ、汗をかいたらすぐに対処することが臭い対策では重要です。
ワキガ対策クリームガイド